野うさぎのあじと

日々徒然なるままに

昨日までそこに居た人がひょっと行ってしまう

越えてはならない境界線を越えて

嫌でも引きずり込まれてしまう

ロマンチックなドラマなんかじゃ決してない

生々しい恐怖

終わりから逃げられない絶望とその時に滲み出る悲痛な愛情と